マネージャー日記

マネージャー日記 2010/12

<<前へ次へ>>

12月15日

投稿日時:2010/12/15(水) 22:55

HPをご覧のみなさま、こんばんは。
本日は2年マネージャー鶴岡が担当いたします。
 
今年の立教大学戦まで頑張ることが出来たのは、去年の立教戦があったからでした。
私にとって初めてのシーズン、初めての勝利でした。
あのときの感動は忘れられません。あのときの喜びを、また味わいたい。もう一度みんなで思いっきり笑い合いたい。そのために、この1年間ひたすら走り続けてきたのだと思います。
今年度から部の会計を任され、部のお金を預かる身として日々プレッシャーを感じていました。わからないことだらけ、不安だらけでした。ときには、食事と睡眠以外の時間全てを部活の仕事に費やす日々が続き、とても辛い思いをしたこともありました。ですが、監督や幹部の方たちは信頼して任せてくれている。その期待に応えたくて、頼りないながらも精一杯やってきました。この1年で責任と自覚を学べたと感じています。そして、自分が成長する機会を与えてくれた成蹊大学ラグビー部に本当に感謝しております。
 
シーズンはマネージャーにとっても、本当にあっというまの3カ月でした。
日本体育大学戦、立教大学戦、勝利。
「2勝」
成蹊大学ラグビー部の歴史に刻まれるこの歴史的勝利の瞬間にマネージャーとして見届けられた喜びが、わたしがマネージャーである全てです。
「出来うる限りのサポートを」と思いただ夢中ですごしたこのシーズンを振り返ると、「みんなをサポート出来て本当によかった」という誇りでいっぱいです。部員たちが頑張っている姿を誰よりも近くで見ているのがマネージャーだと思います。皆の努力を知っていたからこそ、部員たちの心からの笑顔を見ることが出来て、本当に嬉しかったです。

今年度は、OBの皆さまをはじめとする応援してくださる方々とお会いする機会が増え、現役ラグビー部が本当にたくさんの支えを頂いていることを実感いたしました。皆さまの存在に、私自身もラグビー部の一員であることが誇らしく、本当に力を頂いております。
来年度はさらに高みを目指して、突き進むチームであると思います。そんなチームに、私もマネージャーとして、会計担当としてさらに貢献できるよう、まだまだ未熟ではありますが自分自身も今年度の反省を生かし成長したいと思っております。
最後に、いつもHPを見てくださる皆さま、ありがとうございます。来年度はさらにレベルアップしたHPに出来ますよう全力を尽くしますのでご期待ください。
今年度のあたたかいご支援誠にありがとうございました。
来年度も成蹊大学ラグビー部をよろしくお願いいたします。
 
ご精読ありがとうございました。
 
2年 鶴岡慶子
 

12月13日

投稿日時:2010/12/13(月) 20:28

HPを御覧の皆様こんにちは。
本日はマネージャー2年の小濱が担当させていただきます。
 
1年を振り返って、今年は昨年に増してたくさんの思い出や経験が出来、忘れることのできない1年となりました。
 
その一つが日体戦です。今までの選手達の努力を見ていたからこそ、この1勝は私達にとってもとても嬉しく、このチームでマネージャーをやっていてよかったと思えた試合でした。
成蹊全体の一体感。わずかな点差で迎えたロスタイム6分という長い長い時間を粘りきり、激戦の末勝ち取った勝利…。試合後の選手達の笑顔や涙、監督・コーチ・選手達の抱擁する姿や、スタンドで大勢の方々が喜んでくださり涙する姿に感銘を受け、胸が熱くなったのを覚えております。
また、歴史的2勝と言われた日体戦・立教戦の2試合のアナウンスをさせていただいたことは、私の中でも大きな財産となりました。
 
小林組の今年のチームスローガンでもある“AS ONE”という言葉を合言葉に、目標に向かってグラウンドで厳しい練習でも鼓舞し合う声が絶えず互いを高め合い、オフの日も多くの部員が部室でスカウティングをしたりウエイトルームに足を運び、練習後もグラウンドの明かりが消える時間まで毎日のように各自自主練に励んでいる選手達の姿はとても輝いており、部員みんながプレイヤーとして、コーチとして、スタッフとしてチームのために一丸となり切磋琢磨しているこの環境は、とても刺激を与えられると同時に居心地がよく、また誇らしくも思います。
 
早いものでもう折り返し地点であり、マネージャーを出来るのも残り2年です。
 
昨年は先輩方に一からご指導いただき見よう見まねで行動しておりましたが、今年は昨年の4年生からおろしていただいた、協会関係・ドクターやレフリーの手配・メンバー表・保険等の仕事に携わらせていただきました。未経験のことばかりで不安でいっぱいでしたが、八木監督や主務副務を始めとする先輩方、OBの方々のお力添えのおかげで1年間全うする事が出来ました。
皆さんの温かいお言葉に救われた1年であったと同時に大変感謝しております。
来年はもう3年生です。自分に任せていただいている仕事一つ一つにさらに強い責任感をもつと同時に、少しでも多くこの部活のサポートが出来るよう、マネージャーとして精進してまいりたいと思っております。
 
また、今年はご父兄やOBの方々、応援してくださっている方々と直接お話しできる機会も多く、その方々の熱いお気持ちや温かいお言葉をお聞きする度に、このような方々がいてくださってこその成蹊大学ラグビー部なのだということを改めて実感することができました。
今年1年応援してくださった全ての方に心から御礼申し上げます。
 
来年度の成蹊大学ラグビー部もまた魅せてくれると信じ、マネージャ一一同全力でサポートしてまいります。
引き続き2011年も応援してくださいますよう、宜しくお願い致します。
 
長くなりましたが、御精読ありがとうございました。 

マネージャー2年 小濱理紗

12月10日

投稿日時:2010/12/10(金) 20:01

 HPをご覧のみなさま、こんばんは。
そしてはじめまして。本日は1年トレーナーの工藤海が担当させていただきます。
 
私は早稲田大学スポーツ科学部の学生ですが、関東大学対抗戦の秋季シーズンまっただ中の10月からこちらの成蹊ラグビー部で活動の機会を与えていただいています。そして木、土、日曜日の週三日で活動させていただいています。他大学であり、毎回の練習にはでることのできない私の部活動参加の申し出を引き受けてくださった八木監督はじめ、コーチ、選手、スタッフの方々にはとても感謝しています。
 
私はラグビーというスポーツにいままで関わったことのない人間でしたが、いまでは力と力のぶつかり合うスクラム、相手ディフェンスを掻い潜り決めるトライ、そして選手が一体となって(as one)繰り広げる攻防に魅せられています。
 
それというのもこの2ヶ月という短い間で選手の方々が見せてくれた日体戦の歴史的1勝、立教戦のシーズン2勝の目標達成となる勝利という場に立ち会うことができたからだと思います。
 
しかし私は今回の勝利で選手と一緒に泣くことはできませんでした。
それはこれまでの選手と私の成蹊ラグビーにおける積み重ねの厚さが異なっていたからだと思います。
 
だから来シーズンは勝って最後に選手と心から喜び合いたい。
この想いを胸に選手のケア、リコンディショニング、コンディショニングに励み、成蹊ラグビーの力になれるよう全力を尽くします。
 
今後とも成蹊ラグビー部の工藤海をよろしくお願いします。
 
ご精読ありがとうございました。

1年 工藤海

12月8日

投稿日時:2010/12/08(水) 23:01

HPをご覧のみなさま、こんばんは。
本日は1年マネージャーの今野が担当させていただきます。


11月28日の立教戦で勝利を収め、無事にシーズンを終えることができました。

この一年は初めてのことばかりで戸惑うこともありましたが、一生懸命にラグビーに取り組む部員たちの姿を見ると自分もがんばらなくてはと思いました。

試合前の選手の涙、肩を組み校歌を歌う姿を見て自分自身も胸が熱くなるのを感じました。それは部員全員の互いに仲間を信じる気持ちが強く伝わってきた瞬間でもありました。

ラグビーはチームプレーですが一人一人のプレーが輝く瞬間もあり、魅力的なスポーツだと思います。

いつも何人もの方が会場に足を運んでくださり、特に最終戦では客席を振り返るとご父兄のみなさまをはじめ大勢の方がチームの勝利を心から讃えてくださっていました。こんなにも成蹊ラグビー部を応援し支えてくださっている方がいることを実感したと同時に感動いたしました。


この一年間は先輩方の指示をいただいて動くことがほとんどでしたが、少しでも早くいちマネージャーとして自立しなければと思います。

仲間とともに強くなっていく部員の手伝いが少しでも多くできるよう、今まで以上に責任感を持って励んでいこうと思います。

成蹊ラグビー部のこれからの成長をみなさまに見守っていただけたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

ご精読ありがとうございました。


12月7日

投稿日時:2010/12/07(火) 19:25

HPをご覧の皆様こんばんは。
今日は一年マネージャーの大前が担当いたします。
 
成蹊大学ラグビー部のマネージャーになって一年が経ちました。
 
初めは、ラグビーのこともマネージャーのことも、何も知らない私にとって、何もかもが新鮮に感じられたと共に、不安でいっぱいでした。入部してから毎日が勉強の日々で、少しでも皆の役に立てるように部活の中で一つでも多く何かを吸収するために必死でした。
時間の流れは早いもので、気づけば、あっという間に公式戦の時期になっていた、というのが率直な感想です。
 
初めての公式戦での中で、特に印象的だったのがやはり日体戦でした。勝った喜びを仲間と共に分かち合えることが、こんなにも素晴らしいものだとは思いませんでした。それと共に、この成蹊大学ラグビー部に関われて本当に良かったと心から感じました。八木監督もおっしゃっていた通り、自分が一年生の時に、この歴史的勝利にたちあえたことを誇りに思っています。
 
私はこの部活の雰囲気が好きです。つらい練習の中で「もっと声出そう!」や「顔あげようよ!」という皆を盛り上げる部員や、その言葉を聞いて、前を向いてもう一歩頑張ろうとしている姿を見ていると、自分自身も頑張ろうという気持ちになります。このような皆で協力しあう「As One」の精神が、今回「二勝」という結果につながったのではないでしょうか。
 
この一年、多くの出来事を乗り越え、最高の仲間と出会い、最高の結果で終わることができた今、充実感でいっぱいです。
これから3年間、もっとたくさんのことを吸収し、マネージャーとして成長していけるよう、精一杯部員のサポートをしてまいりたいと思います。
 
ご精読ありがとうございました。
  
«前へ次へ»

<< 2010年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログ最新記事

2010年12月

<<前月翌月>>
2010/12/23(木) 00:22
12月23日
2010/12/22(水) 22:56
12月22日
2010/12/20(月) 17:37
12月20日
2010/12/17(金) 00:01
12月17日
2010/12/16(木) 01:05
12月11日
2010/12/15(水) 22:55
12月15日
2010/12/13(月) 20:28
12月13日
2010/12/10(金) 20:01
12月10日
2010/12/08(水) 23:01
12月8日
2010/12/07(火) 19:25
12月7日
2010/12/05(日) 18:45
12月5日

ブログテーマ