マネージャー日記

マネージャー日記 2013/12

<<前へ

2013年を振り返って ー澤健生ー

投稿日時:2013/12/26(木) 23:02

ホームページをご覧の皆様、こんばんは。
今回は、学生トレーナー2年の澤健生が担当させていただきます。
 
はじめに、本年も当部へのたくさんのご支援ご声援、誠にありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。
 
今年を振り返らせていただきますと、自分の中では早く過ぎて行ったなと感じております。
目の前のこと、その日の練習、その日の試合に一生懸命でないと日々をこなすことはできなかったからかな、と思います。
というのも、今年で2年目ということで、昨年に比べて自分で考えて行動するという局面が増え、同時に自分が責任を負うことも増えました。
 
そして、その中で “いかに正確な仕事ができるか” が問われた1年だったと思います。
正確な仕事というのは、簡単そうに聞こえてとても難しいものです。
「正確」ということは、自分が知っていることや出来ることに関しては100%の結果を出し続けるということです。
たとえ失敗しても、1年目のように「1年生だから」という言い訳は通用しないし、自分も立場などに甘えたくはないと思っていましたので、失敗した時は、自分はまだまだ未熟であるということを改めて感じさせられました。
 
しかし、私が何回失敗しても、的確なアドバイスをくれ、何事にも様々な視点から積極的に取り組み、常により良いものはなにかを考えている、先輩トレーナーの工藤海さんのおかげで、僕は自分の仕事をとてもワクワクしながらすることが出来たと思います。
 
4年生の海さんは今年で卒部し、来年は私たちの代が最高学年となります。
今期取り組んだ以上のことに取り組み、選手にとってより充実した環境を整えていくことが、私が思う海さんへの恩返しだと思います。
チームとしては、来期の目標はとても明確だと思いますし、それに向けて日々過ごしていくのみです。
 
その目標を達成するため、密度濃く日々を過ごしていきたいと思います。
 
ご精読ありがとうございました。
 

2013年を振り返って ー井上美紀ー

投稿日時:2013/12/25(水) 23:03

 ホームページをご覧のみなさま、こんにちは。
  2年学生トレーナーの井上美紀と申します。
 
  本年も成蹊大学ラグビー部への熱いご声援、ご支援賜り誠にありがとうございました。
 
 今季、わたしは主にテーピングや応急処置、練習後のケアやセルフケアの指導などに加え、昨季からトレーナーチームを中心に始動した試合分析などにも継続して取り組んで参りました。一年間の部での取り組みを振り返り感じますのは、日々の取り組みの精度をいかに上げるか、という点にこだわっていかなければならないということです。「広く浅く」を器用にこなせないわたしは、「狭く深く」その深さを持ち味にできるトレーナーになりたいと思いました。
  また、トレーナーチームでは今季から新しく始めたこと、内容を改良したことなどがいくつかありました。中には他チームの学生トレーナーから「それもトレーナーの仕事なの?」などと言われることもありました。
確かに、トレーナーが主に担う仕事が大きく変わることはありませんが、チームの勝利のために何か出来ないか多角的に考え、それに積極的に挑むことが出来たのは、学生トレーナー4年の工藤さんのリーダーシップがあったからだと思います。常に疑問を持ち、新しいことに柔軟に挑むことを身を以ってわたし達後輩トレーナーに教えて下さいました。工藤さんは今季を最後に卒業され、来季からは私達の代がトレーナーチームの最高学年となります。工藤さんに教わった多くのことを胸に、チームの勝利に貢献できる活動をして参りたいと思います。
 
「2013年を振り返って」というタイトルですが、今季は悔しい結果となってしまい、現在は来季のことばかり考える毎日です。
  来季の目標は明確でしょう。チーム一丸となって、Aグループ再昇格を果たせるよう日々精進して参りますので、チームの活躍にご期待ください。
本年と変わらぬご支援の程よろしくお願い致します。
 
ご精読ありがとうございました。
  
 
 

2013年を振り返って ー早田亜生ー

投稿日時:2013/12/25(水) 01:01

ホームページをご覧の皆様、こんばんは。
本日は3年マネージャーの早田亜生が担当致します。
 
まずはじめに、今年度成蹊大学ラグビーフットボール部への暖かいご声援及びご支援、誠にありがとうございました。この場をお借りして御礼申し上げます。
 
 さて、13年度シーズンを振り返りますと、1年ぶりに対抗戦Aグループのフィールドで戦えたことへの喜び、そして感謝の気持ちで感無量でした。また1年生の時に感じた対抗戦Aとはみえる景色が異なり、自分自身への成長を少し感じることができました。
といいますのも、今年は上級生になり今までよりも俯瞰して部活を見る余裕ができました。そこには部活に対する1人1人の強い想いがあり、その想いを身近で感じることができました。チームプレーですのでひとつの結果でしか残ることができませんが、そこには1人1人の想いと努力があることに気づきました。その努力は私たちが知らないところでもあったのだと思います。私はその1人1人を支えたいと行動した1年だったと振り返って思います。身体的にも精神的にも辛い練習、試合、、、それを身を持って体験することはできないですが、少しでも一緒の気持ちで寄り添って支えたいと思っていました。それが出来たかはわかりませんが、私に頼ってくれたこと、それに気づかせてくれた選手には感謝の気持ちでいっぱいです。
また常に先頭に立って引っ張ってくださった先輩マネージャー、自ら考え行動していた後輩マネージャー、勉強熱心で向上心たっぷりのトレーナー、そして監督をはじめとするスタッフ陣の方々、様々な刺激がある恵まれた環境の中で活動できたことに嬉しく思います。
 
 
入替戦、ノーサイドの笛がなった瞬間を忘れることができません。しかし悔しい想いをした者は強いと思っています。この大きな経験した私たちには次へのチャレンジを与えられたのだと感じています。来年度、絶対的目標と与えられたチャレンジを絶対に掴みにいきます。
そのためには成蹊大学ラグビー部であることに誇りを持ち、最高学年として自分の役割を考え、選手のために最高の環境を、勝つためにできることを、頼りになる後輩マネージャーと共に全うしてまいります。
 
そして4年生の先輩方、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。少ない人数の中、みなを引っ張り対抗戦Aで逞しく勇敢に戦ってる姿に感動し、尊敬しました。そしてマネージャーの先輩方、いつも側にいてくださりありがとうございます。3人の存在がなければ今の私はいなかったと思います。 みなさんとの思い出は宝物です。来年、必ず対抗戦Aに上がるので見ててください。
 
最後になりますが、今年度もたくさんのご声援ありがとうございました。私たちが練習ができ、試合が出来るのもOB・OGの方々、学園関係者の皆様、保護者の皆様、成蹊大学ラグビー部のサポーターである皆様のおかげだと思っています。この感謝を胸に最後のシーズンになる2014年度、頑張ってまいります。引き続き応援のほどよろしくお願い致します。
 
稚拙な文章でしたが、ご精読ありがとうございました。
 

2013年を振り返って ー百瀬理奈ー

投稿日時:2013/12/23(月) 23:12

ホームページをご覧の皆様こんにちは。
2年マネージャーの百瀬理奈です。
 
まず初めに、本年度も成蹊大学ラグビーフットボール部をご支援頂きまして誠にありがとうございました。
 
ホームページの管理という仕事上、皆様からのメッセージを受け取る機会が多く、毎試合の前後には多くの応援メッセージを掲示板などに頂き、非常に心強く、毎度励まされておりました。
今シーズンは悔しい結果となってしまいましたが、多くの方が「頑張れ、来年また昇格しよう」「これからも応援してるよ」というメッセージを下さり、くよくよ落ち込んでいないで自分にできることをもっと考えよう。と、とても励みとなりました。
 
今シーズンは昨シーズンに比べ、悩む機会が多くありました。昨シーズンはがむしゃらにとにかく仕事を覚え、実行するのみでした。しかし今年は仕事を完璧にこなしてくれる後輩マネージャーの存在や、個人の仕事が増えたり、仕事をするにあたり余裕ができて周りが見えるようになったりしたことで、昨年は気づかなかった事にも気づくようになったりしました。そんなときにいつも支えて下さり、指導して下さったのは4年マネージャーの3人です。3人
が次の練習から来ないという実感が未だになく、そんな練習を思い浮かべると寂しい気持ちでしかありません。
今シーズンを振り返ったときに私がまず思い浮かべるのはマネージャーたちで過ごしてきた時間です。今年は昨年よりも皆で一致団結し、辛いことも楽しいことも皆で乗り越えてきたと思っています。この4年生が築いて下さった良い雰囲気を壊さず、来年度もより一層、皆で一致団結し部をサポートしていこうと思います。
 
Aグループへ昇格するためには皆様のご支援ご声援が欠かせません。OB・OGの皆様、保護者の皆様、ファンの皆様、そして私たち現役部員、スタッフ一同、チーム一丸となって来年度の入替戦は笑顔で終わらせましょう!
 
ご精読ありがとうございました。

2013年を振り返ってー松本茉子ー

投稿日時:2013/12/22(日) 21:37

HPをご覧の皆様、こんにちは。
本日は2年マネージャー、松本茉子が担当致します。
 
まずはじめに、今年度成蹊大学ラグビー部へのご支援ご声援、誠にありがとうございました。皆様が部員のみならずマネージャーにも声をかけてくださる一言一言がとても嬉しく、また大きな力となっていました。この場をお借りして心より御礼申し上げます。
 
今年度は発注の仕事を担当し、在庫の管理をしております。常々必要とされる品や数が変動するので、状況を予測しながら発注し、在庫の適正管理に努めて参りました。また、他にも試合における受付や記録も任せてもらえるようになり、少しでも部の力になれるよう精一杯取り組んで参りました。2年目ではありますが、初めての経験が多く、試行錯誤しながらの1年となりました。ミスや上手くいかないことがあるときは、先輩方や同期、また時には保護者の方々にも助けられ、多くの方に支えられてきたことを実感しております。この感謝の気持ちを持って来年度の仕事に反映させ、部を盛り上げていきたいと思っております。
 
先日の入替戦では満身創痍の選手たちが必死に戦っている姿に是非勝利をと願っていましたが、悔しい結果となってしまいました。ノーサイドの瞬間、グラウンドの選手もベンチも観客席も涙で溢れたあの悔しさを決して忘れず、一年後の入替戦で必ずや今年の雪辱を晴らせるよう更に更にチーム一丸となって、より一層気を引き締めて来年度に臨んでいきたいと思っております。
 
保護者の皆様をはじめ、OBOGの方々、学園関係者の皆様、今後とも成蹊大学ラグビー部への変わらぬ温かいご支援ご声援の程、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 
ご精読ありがとうございました。
 
«前へ

<< 2013年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログ最新記事

ブログテーマ