マネージャー日記

2013年を振り返って ー岡村真結ー

2013/12/21(土) 20:07

HPをご覧の皆様、こんばんは。本日は2年マネージャーの岡村真結が担当させて頂きます。
 まず、2013年度成蹊大学ラグビーフットボール部に暖かい御支援と御声援を頂き誠にありがとうございました。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。
 シーズンを終えて本当にあっという間の1年間であったというのが率直な感想です。昨年の入れ替え戦勝利により、対抗戦Aグループに昇格し、小学生の時からテレビで見ていた関東対抗戦Aリーグの舞台に立ち、強豪チームと試合ができたことはとても良い経験になったと思います。個人的には、担当している協会の方々と接する機会が増え、ラグビーに対する理解も深まり、より一層成長できたシーズンだったと思います。
 今季チームスローガンに「For One」を掲げ対抗戦2勝以上という目標に向かってスタートしました。結果としては1勝と、掲げてきた目標には及びませんでしたが、日本体育大学に勝利した時にはこの1年間やってきたことが間違いではなかったのだと確信しました。
 来年は3年生となり、自分たちのことだけではなく下を引っ張っていかなければならない学年となります。4年生の先輩から学び吸収したことを活かしていきたいです。
 そして、入れ替え戦で負けて悔しかった気持ちを絶対に忘れることなく、それを原動力にして、来年の入れ替え戦では必ず勝利したいと思います。そして、関東対抗戦Aグループという舞台に復帰できるよう、選手の立場に立って最大限のサポートをしていきたいと思っております。
 最後に、成蹊大学ラグビーフットボール部が恵まれた環境で練習ができるのも、大学側の御理解や、ご父兄の方々の御支援、御声援があってのことです。今後共、引き続き御支援、御声援のほど宜しくお願い致します。
 
ご精読ありがとうございました。