マネージャー日記

マネージャー日記 2013/1

<<前へ

2012年を振り返って

投稿日時:2013/01/12(土) 11:00

HPをご覧の皆様こんにちは。
本日はマネージャー4年の小濱が担当させて戴きます。
 
4年間を振り返ってみて、私は一番得たものは繋がりだと感じております。
入替戦での試合終了後、一緒に涙を流して喜ぶ仲間がいる事、涙を流して喜んでくださる先輩方がいる事。関東ラグビー協会の方が試合後にわざわざ電話をくださり一部昇格を一緒に喜んでくださったこと。体育会に入ったことでできた友達も当日何人も熊谷まで駆けつけてくれましたし、グラウンドに一列に並びスタンドを見上げると、そこにはご多忙の中この日この瞬間の為にお時間を作ってくださった沢山のOBOGの方や関係者の方、ご父兄の皆様がいらっしゃいました。私はその皆様の歓喜する姿をグラウンドから見上げ、言葉には出来ないような感謝の気持ちで胸がいっぱいになり、礼をしたまま泣き崩れたのを今でも鮮明に覚えております。本当に幸せな瞬間でした。
 
昨年1年間は選手にとってはもちろん、マネージャー・トレーナーにとってもとても厳しい1年でした。
そんな中で応援してくださる皆様の存在が本当に心強く、私達に対しての優しいお気遣いやお言葉にも何度助けられたかわかりません。
心より感謝申し上げます。有難うございました。
 
何もかもが新鮮で楽しく、先輩などに褒めてもらうことが嬉しくてがむしゃらに走りまわった1年時。
誰よりも沢山選手のテーピングを任せてもらいたいという一心でひたすら家でテーピングの練習をし続けた2年時。それと同時に1年生の最後に当時の4年生から私も同期の鶴岡も、協会や会計などの仕事を沢山おろして頂いたのですが、いざ2年生になってみるとわからないことだらけでどの仕事をどの時期までにやれば良いのか、何を参考にデータを作成すれば良いのか、聞ける人もおらず1年間失敗や試行錯誤を繰り返し二人でとても苦労した年でもありました。
3年時では1年を通して全敗を経験し、私達マネージャーの無力さに気づかされました。
そして迎えた最高学年。この1年を通して私達4年マネージャーはマネージャー全員に、皆で一部昇格という同じ目標を持ち一人一人の仕事や責任の重さを自覚してもらう事、自分達が味わった苦労を後輩達にさせないよう、来シーズンを見据えAグループに戻ることを前提に、私達が今までAグループでやってきた仕事も全て含め教え、1年を通して一緒にやりつつ仕事をおろすこと、来年の体制の基盤を作り上げることを中心に取り組んで参りました。
 
最高学年になってみて初めてわかる指導する大変さや責任の重さも多々痛感しました。
私自身一部昇格というものを遠く感じ、目標ややっている意義を見失ってしまいそうな時もたくさんありましたが、尾上主将を始めとする部員達が、どんな時でも「絶対に一部昇格しよう!!」という声をあげ続けてくたこと、「一部昇格をする為にはマネージャー達の力が欠かせない。部員を信じて最後まで一緒に同じ目標に向かって頑張っていこう」という事を1年を通していつでも言い続けてくださった大塚監督のお陰で最後までやってくることが出来ました。本当に有難うございました。
 
この4年間は決して楽なものではなく、自分の仕事のできなさや無力さを感じることも、辛いことや大変な事もたくさんあり一人涙することも多々ありました。しかし今はそんなことを忘れるくらい達成感と感謝の気持ちでいっぱいで、本当にこのラグビー部でマネージャーをしてきて良かったと感じています。
 
今年度も頼もしい後輩達が、次はAグループという場で再び感動させてくれることと思います。
今後も変わらぬご支援ご声援のほど宜しくお願い致します。
長くなってしまいましたが、ご精読有難うございました。

2012年を振り返って

投稿日時:2013/01/10(木) 23:47

HPをご覧の皆様、こんばんは。

4年マネージャーの鶴岡慶子です。

 

2012年は、本当にあっという間でした。

シーズンは、振り返ると一瞬でした。

この1年は、入れ替え戦のノーサイドの笛と共に皆が叫んだあの瞬間に尽きると思います。

泣いて、泣いて、笑いました。

あの日のことは、一生忘れません。

 

 

よく、マネージャーって何するの?と聞かれますが、

簡単に説明出来るものではないと思います。大まかに、給水と、練習の準備と後片付けだよと言ってしまえばそれまでなのですが、個々にHP管理や財務会計や、関東ラグビーフットボール協会との交渉役、合宿や選手が遠征するときの宿や交通の手配や備品の管理など、細かいですが、部をサポートするにあたってとても責任ある仕事だと思います。
 
 

 

今年、私たちスタッフのことも、沢山応援していただきました。

「大変だけど、頑張ってね。」

その言葉に何度励まされたかわかりません。試合の時、合宿の時、スタッフのこともよく気にかけてくださりとても嬉しかったです。ありがとうございました。

 

 

4年間、成蹊大学ラグビー部で過ごしてまいりました。

ここで得たものはたくさんありますが、私が一番素敵だと感じたことは、

1923年の創部から続く、成蹊大学ラグビー部という伝統です。

今シーズンの試合も寒い中、沢山のOBの方や、関係者の方が応援に来てくださいました。

入れ替え戦のスタンドは成蹊サポーターでいっぱいでした。

卒業されて何年経っても、現役の後輩たちを全力で応援してくれるOBの方々がいる、そのすごさと伝統の重みを感じました。

 

最後になりますが、2012年度成蹊大学ラグビー部を応援してくださりありがとうございました。同期たちと最高の思い出を胸に、今年からは社会人として頑張っていきます。

ラグビー部で過ごした4年間は、私にとって沢山の学びと経験を与えてくれました。

入れ替え戦はかけがえのない宝物となりました。

マネージャーとして過ごしたこの日々を誇りに、今年からは後輩たちを全力で応援していきたいと思います。

Aグループで戦う頼もしい後輩たちを、応援よろしくお願いいたします。

ご精読ありがとうございました。


2012年を振り返って

投稿日時:2013/01/08(火) 14:49

ホームページをご覧の皆様こんばんは。
今回は3年学生トレーナーの工藤海が担当致します。

昨年度は成蹊大学ラグビー部への温かいご支援、ご声援をありがとうございました。本年度もよろしくお願いいたします。

さて、私の2012年を振り替えると「感謝」という一言に尽きます。
学生トレーナーの先輩、井口さんが引退され昨シーズンより私が学生トレーナーのトップとして活動してきました。一昨年とは比べ物にならない責任の重さ、またやりがいを感じてながら1年間過ごしてきて、一昨年までの自分の部活に対する甘い考えを改めて悔いました。
だから今シーズンからでもチームのために自分ができることは何か考え、行動してきました。そして実際にその行動に移そうと思わせてくれたのは頼りになる後輩トレーナー達です。トレーナーとして未熟すぎる私を慕い、成蹊に来てくれた彼らがいて、一緒に活動してくれたことが私の昨シーズンのモチベーションであり、それは今シーズンも変わらないでしょう。

学生トレーナーのみんな、ありがとう。

そしてこれまでの最終戦を振り返ると私自身、もともと涙腺は緩い方でしたが、1年生の一部で2勝したとき、2年生の降格のとき、どちらも涙を流すことはありませんでした。ですが昨シーズンの入替戦の終了を告げるホイッスルのあとは自然と涙が頬をつたっていました。それだけ昨シーズンの思い入れが大きかったのだと再確認できました。それはやはり先に述べた後輩トレーナーの影響、また未熟すぎる私を少しでも頼りにしてくれる選手たち、私たちと同じ裏方としてシーズンを共にしたマネージャー、監督、コーチ陣に恵まれたからです。

ありがとうございました。

最後に他大学でありながらこれほど貴重な経験ができたのも成蹊大学でトレーナーとして活動する機会を与えてくださったラグビー部の皆様、また成蹊、ラグビーで出合い関わったすべての方々のお陰です。心より感謝しています。

ご精読ありがとうございました。

2012年を振り返って

投稿日時:2013/01/07(月) 15:30

HPをご覧の皆様、こんにちは。
3年マネージャーの今野萌です。
 
いつも成蹊大学ラグビー部にあたたかい声援を送ってくださり、ありがとうございます。
 
Aグループ昇格、そして、unite という目標を掲げた新体制となり、監督そして選手のモチベーションの高さに圧倒され、初め自分はマネージャーとして貢献できるのか不安になりました。いち部員として自分は何ができるかを何回も考えました。そして、選手が練習に集中できる環境を整えることを目指しグラウンドでの仕事にも事務的な仕事にも努めてまいりました。
入替戦で勝つことを常にイメージして選手はがんばってきたと思いますが、私もそうでした。選手の皆を最後まで信じ、サポートしました。
入替戦で勝てたときは心から嬉しかったです。部員全員がまたひとつになれた瞬間でもあったと思います。結果がついてきたことで自信にもなりました。
また、観客席を振り向くと成蹊大学ラグビー部を応援に来てくださった方が本当にたくさんいらっしゃって、多くの方に支えられていたことを改めて実感し感動いたしました。
 
ここで私がグランドでのサポート以外に担当している仕事について少しお話しします。私は合宿や遠征時の宿泊、食事、交通機関の手配、健診でお世話になっているみやクリニックの予約、結果報告などをやっております。
前泊するホテルや夕食処には私は実際には行かないため、試合当日に選手が会場に到着するまで毎回本当に心配でした。また、宿泊先や人数の変更に伴う交渉や調整の電話、ファックスのやりとりを授業や部活の合間を縫ってやるのが大変なときもありましたが、なんとかこなすことができたので今はほっとしています。相談に乗ってくれたり助けてくれる仲間がいてくれたので、本当に心強かったです。
来年度もマネージャー皆で結束して、選手を支えていけたらと思います。
 
皆で勝ち取ったAグループの舞台で堂々と戦えるように、マネージャーとして出来る限りのサポートをしていきたいと思います。
これからもどうぞ成蹊大学ラグビー部をよろしくお願い致します。

ご精読ありがとうございました。

2012年を振り返って

投稿日時:2013/01/06(日) 20:59

ホームページをご覧の皆さまこんばんは。
本日は3年マネージャーの中山が担当させていただきます。
 
まず、2012年度成蹊大学ラグビー部にご支援とご理解を頂きまして本当にありがとうございました。皆さまのご声援や試合会場、練習場でかけてくださる一言一言にマネージャーである私たちも本当に励まされ、元気を頂きました。心より御礼申し上げます。
 
今シーズンが始まった2月、まだ3年生になる実感もないまま掲げられた「UNITE」というスローガン。チーム全体が1つとなってAグループ昇格を目指すという明確な目標とともに1年間選手たちをできる限りサポートして参りました。夏合宿の菅平では後輩たちと同室で宿泊し、先輩後輩の垣根を越えて辛い合宿を乗り越えられるようお互いを励まし合い、シーズン終盤には入替戦が近づきマネージャーも各々緊張やなんとも言えないそわそわしたような気持ちを感じながらただただ熊谷での勝利を信じておりました。この一年はマネージャーの結束が深まった年でもあります。
 
公式戦の舞台は3回目であってもやはり緊張するもので、熊谷で行われた最終戦、スタンドの上にある記録室では涙を流しながら記録を行っておりました。
2年前、三ツ沢ラグビー場で行われた日本体育大学との試合のときも試合の記録をしていた私はノーサイドの瞬間、記録など忘れて一緒に記録をしていたマネージャーの先輩と大泣きしながら喜び、高揚感に包まれておりました。
今年の入替戦ではその2年前の情景が甦り、この1年間の辛かったことや悔しかったことを思い出し、Aグループ昇格への感動を噛み締めておりました。
 
私はラグビー部で協会、ホームページ、保険の仕事を担当させていただいております。これらの仕事を通して感じるのは成蹊大学ラグビー部が周りの皆さまに支えられて成り立っているということです。そして私自身もいつも同期や後輩に助けられてきました。常に多くの方がサポートしてくださっているということ、そしていつも感謝の気持ちを持つことを忘れずに残りの1年間ラグビー部に没頭し、選手たちをサポートして参ります。「大学生活4年間の中で4年目が1番充実していて楽しかった。」と言えるように悔いの残らない2013年にします。
 
来年度はAグループという華やかであり厳しい舞台が待っています。サポートする側の人間として何が1番求められているのかを考え、マネージャーのみんなと協力しながらチームの環境を良いものにできたらと思っております。
 
2013年度も引き続き成蹊大学ラグビーフットボール部を宜しくお願い致します。
 
ご精読ありがとうございました。
«前へ

<< 2013年1月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログ最新記事

2013年1月

<<前月翌月>>
2013/01/12(土) 11:00
2012年を振り返って
2013/01/10(木) 23:47
2012年を振り返って
2013/01/08(火) 14:49
2012年を振り返って
2013/01/07(月) 15:30
2012年を振り返って
2013/01/06(日) 20:59
2012年を振り返って
2013/01/05(土) 16:07
2012年を振り返って
2013/01/04(金) 20:02
2012年を振り返って
2013/01/03(木) 15:00
2012年を振り返って
2013/01/02(水) 10:22
2012年を振り返って
2013/01/01(火) 22:06
2012年を振り返って

ブログテーマ