マネージャー日記

マネージャー日記 2012/1

<<前へ

プロモーションビデオ制作係 4年五十嵐圭佑

投稿日時:2012/01/26(木) 23:21

ホームページをご覧の皆様こんばんは。
本日は今シーズン、選手たちのために試合前に見るプロモーションビデオを制作し、自身も試合に出場しながら選手たちの気持ちを高めるために頑張ってくれていた4年WTBの五十嵐圭佑をご紹介いたします。

ホームページをご覧の皆様、こんにちは。4年WTBの五十嵐圭佑です。

まず、本年度も数多くの温かいご支援、ご声援ありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。

昨年度、私は試合前のミーティングでメンバーが見るプロモーションビデオの製作を担当させていただきました。
プロモーションビデオを製作するにあたり懐かしい写真を数多く見つけ、その写真の頃に戻りたいような戻りたくないような不思議な気持ちになったことを覚えています。

私が成蹊大学のラグビーに出会ったのは高校3年生時の秩父宮のスタンドでした。
体格がひと回りもふた回りも大きい早稲田大学の選手に立ち向かい、最後に1トライを決めた姿に感動すると同時に大学のフィジカル、スピード、スキルの高さに
不安を感じたのを覚えています。
なので、成蹊大学のラグビー部に入部した後も不安や戸惑いからかどこか本気になれないまま2年間を過ごしました。

しかし、3年目の春に高校からずっと一緒にやってきた同期の1人が試合中の事故により選手を引退しなければならなくなり、涙を堪えながら『ラグビーがもっとやりたかった』という言葉に今まで自分がどれほど怠惰な気持ちでラグビーに向きあっていたのかということに気付かされました。その日以降、自分が少しでもその仲間が抜けた分を埋められるように、チームの力になれるようにと部活動に取り組むようになりました。
そして今年の菅平合宿でケガをしてしまい、もう開幕戦に出られないかもしれないという思いが頭にかすめた時に不意にこみあげてくるものがあり、2年前の自分では考えられない心境の変化に驚くと共に、改めて『試合に出て、勝ってみんなで喜びたい』と思うようになりました。

今シーズン、私は幸運にも14番のジャージを着て高校生の時に憧れた舞台に立つことができました。ただシーズンの結果としましては自分達が目指していた結果とは程遠く、来年の後輩達に対抗戦の一部で戦わせることはできなくなりました。正直その事実は4年間の心残りであり、悔しいです。
しかし、試合後に後輩達が『先輩達の悔しさは俺たちが晴らす』と言ってくれたその姿には来シーズンの期待感を十分に抱かせてくれました。
ただ、個人的に後輩達にはそうした雪辱だけに縛られたラグビーを来年するのではなく自分達のラグビーを楽しみ、そのついでに僕らの代の想いを繋いでいってくれればなと思います。

成績だけを見れば今年の代は近年で最も期待に応えられなかった代だと思います。それを否定することはできません。
それでも私はこの代の4年生であったことを誇りに思います。
メンバーを落として勝つ気がない、消化試合のつもりなどと周りから揶揄されながらもケガを一刻も早く治そうとオフを返上してリハビリをする選手、試合に出られなくてもチームの為にと必死にサポートをする選手、試合後に自分が不甲斐ないからだと悔し涙を流す選手の姿を私自身今年は多く見てきたからです。
現状を受け入れた上で諦めないそんな52人の仲間達とプレーできたことが自分の誇りです。

最後に八木監督をはじめとするコーチ、マネージャー、OBの方々の様々な支援、試合に応援にきてくださる皆様に感謝を申し上げたいと思います。皆様の声援がプレーをする上で本当に力になりました。どうもありがとうございました。

そしてバカなことに付き合ってくれた後輩達へ。
基本的に生意気だけどそんな後輩達のおかげで辛いはずの合宿が今年は笑いっぱなしでした。
来シーズンはみんなの更なる活躍を見にグラウンドに応援に行くので、声をかけたら笑顔で手を振り返してください。

バカなことを率先してやる同期へ。
大学でラグビーをやるつもりのなかった自分を誘ってくれた高校からの同期、温かく迎え入れてくれた大学からの同期には本当に感謝しています。下級生の時はよくみんなで粗相をして怒られたけど、そんな話も笑い話にして盛り上がれるみんなが好きです。社会人になってもよろしくお願いします。


生意気な事ばかり書いてしまい長くなりましたが、最後までご精読ありがとうございました。

今後とも成蹊大学ラグビー部への温かい応援よろしくお願い致します。

五十嵐圭佑

4年間を振り返って

投稿日時:2012/01/13(金) 16:16

HPをご覧の皆様こんばんは。本日は4年境が担当させて頂きます。
まずはじめに、昨年1年間成蹊大学ラグビー部を応援していただきありがとうございました。誠に感謝しております。

私がラグビー部に入部しようと思ったのは、中学・高校で所属していた吹奏楽部とは真逆のことに挑戦してみたい!という思いからでした。

右も左も分からず、がむしゃらに頑張った1年目。
辛かった分、大きく成長できた2年目。
日体大に劇的勝利をあげ、今までの人生で一番感動した3年目。

そして迎えた4年目。立教大学に敗北し、2部降格という結果になりました。
ただただ悔しかったのですが、頼もしい後輩たちが昇格してくれることを信じています。

私はこの4年間で、仕事面だけでなく人としても大きく成長することができました。
八木監督をはじめコーチ陣、OBの方々、父母の皆様には様々な面で現役をサポートして頂き大変感謝しております。中学から続いた部活動を応援し続けてくれたお母さん、ありがと。

マネージャーの後輩たち
いっぱい説教もしたにも関わらず、こんなに慕ってくれるなんて思ってもみませんでした。来年からは自信持って頑張るんだよ!

そして共に泣き、笑い、時に叱ってくれた同期のみんな、ほんとに感謝してるよ。ありがとう!

ここでの経験や思い出は、一生の財産です。成蹊大学ラグビー部に入部してよかった!と心から思います。

4年間本当にありがとうございました。

境 美佐希

4年間を振り返って

投稿日時:2012/01/10(火) 14:30

ホームページをご覧の皆様、こんばんは。
4年マネージャーの森未実です。
 
引退から1ヵ月が経とうとしている現在、達成感と、今までに無い長期オフに戸惑いを感じながら、日々生活しております。

立教戦後の慰労会の席で、ある部員にこう言われました。
「本当にごめんな。勝たせてやれなくて。俺達が勝たなきゃ、マネージャーやってる意味ないもんな。ごめんな。」
この時は、涙を堪える事に必死で何も言えませんでしたが、私は意味がないとは思っていません。
炎天下の中走り続けたランパス、竹田さんとの厳しいトレーニング、過酷な食事制限等…どんなに辛く苦しい練習も、部員達は声を掛け合い、笑顔で乗り越えてきました。
いつでも笑顔でいる事、仲間を思いやる事…どんなに大変な時でもこの2つを忘れない部員達を、私は尊敬しています。
その彼らをマネージャーとしてサポート出来た事、それこそがマネージャーを続ける意味であり、私にとっては誇りだったのです。
最後の公式戦は、残念ながら2部降格という形で幕を閉じました。
笑って終わる事は出来ませんでしたが、このメンバーで過ごした4年間は宝物です。
今後は『4年生の為にも、来年絶対に昇格します』と約束してくれた後輩達を、OGとして精一杯サポートしたいと思います。

最後になりますが、八木監督を始め、多くのサポートをして下さったOBの皆様、父兄の皆様、本当にありがとうございました。
結果を残す事は出来ませんでしたが、皆様からの差し入れやメッセージカード、ご支援ご声援等、すべてが部全体の大きな力となりました。
1部から2部へとフィールドは変わってしまいましたが、今後とも成蹊大学ラグビー部への変わらぬご支援、ご声援の程、よろしくお願い申し上げます。

しっかり者の後輩マネージャー6人へ。
頼りない先輩についてきてくれて、ありがとう。大変な事が多いけれど、部員を信じて各々の仕事に全力を尽くして下さい。頑張れ!
同期部員のみんなへ。
本当にお疲れ様でした。最後まで仲間でいさせてくれて、ありがとう!いろいろあったけれど、本当に幸せでした。
境さん井口さんへ。
真逆な性格で周りに心配されたけど、今ではかけがえのない存在です。沢山迷惑かけてしまったけれど、2人と同期で本当によかったです。ありがとう。

長くなってしまいましたが、ご精読ありがとうございました。
4年間、ありがとうございました。
 
森 未実
   

4年間を振り返って

投稿日時:2012/01/08(日) 13:39

ホームページをご覧の皆さま、こんにちは。
本日は4年トレーナーの井口礼菜が担当させて頂きます。
 
まず、本年度も成蹊大学ラグビー部を温かく応援して頂き、本当にありがとうございました。
皆さまの温かいご支援、ご声援は選手達にとってはもちろん、私達スタッフにとっても本当に大きな力となっていました。
 
 
2011年度のシーズンはチームにとって、そして私個人にとっても大変厳しいシーズンでした。
シーズン序盤から怪我人が続出し、ただでさえ人数が少ないチームにとっては本当につらい状況だったと思います。その中で怪我人をより早く、より安全にチームに戻すことがトレーナーの仕事です。しかし私の力不足のせいもあり、選手が思うように復帰できないこともありました。
 
自分の不甲斐なさに涙したこともあります。
力不足を痛感し、選手に申し訳なくて「もうトレーナーなんてやめたい」と思ったこともありました。
 
しかしその度にまた頑張ろうと思えたのは、選手そしてスタッフの仲間達のおかげです。
毎日のテーピングを巻くたびに「ありがとう」と声をかけてくれること、そして怪我を克服した選手が試合で活躍することが私にとってはなによりのモチベーションになっていました。
また、スタッフの皆が必死に仕事を頑張っている姿を見て、私も頑張ろうと元気をもらっていました。
本当に皆ありがとう。最後まで続けることが出来たのは本当に皆のおかげです。
 
 
今シーズンの結果としてはAグループからの降格と、本当に悔しいものとなってしまいました。
来シーズンはBグループでの戦いとなります。
厳しい戦いになるとは思いますが、頼れる後輩達が必ずAグループに戻ってきてくれると心から信じています。
 
 
最後になりましたが、2年生から突然他大学から入部した私を温かく迎え入れて下さった、八木監督をはじめとするコーチの皆さま、OBの方々、後輩達、そして何より同期の皆に、心よりお礼申し上げたいと思います。
本当にありがとうございました。
 
 
来年度も、成蹊大学ラグビー部に温かいご声援をどうぞよろしくお願い致します。
ご精読ありがとうございました。

2011年度を振り返って

投稿日時:2012/01/06(金) 23:39

HPをご覧の皆さま、こんばんは。3年マネージャーの鶴岡慶子です。
2012年度のご挨拶と共に、去年度の応援の御礼を申し上げます。あたたかいご声援誠にありがとうございました。

私にとって、2011年度は目まぐるしく、あっという間の1年でした。
とくに9月からの3ケ月間は早すぎて、よく覚えておりません。記憶にあるのは、入替戦のノーサイドの笛が鳴ったとき、「降格」という事実が受け止めきれなくて、ただ黙々と試合の後片付けをしていたこと、茫然とする選手たちにタオルをかぶせることしかできなかったことです。
あのとき、わたしはグラウンドにいて、1番近くで選手たちの姿を見ておりました。ですからグラウンドの出来事で、皆さまに知って頂きたいことがあります。

入替戦で敗北した直後、涙を流す先輩、後輩がいる中で、3年生の部員たちは泣いておりませんでした。
大泣きする2年生に、
「絶対おまえたちの代のとき、またAで戦わせてやる。」
そういった同期たちには強い決意が表れていました。

ですが、解散した後、ロッカールームで1人肩を震わせ泣いている同期の姿がありました。
本当は悔しくて悔しくて、心底勝ちたかったという叫びが聞こえてくるようでした。

そんな姿を見ているからこそ、私は今年必ずAグループに還る確信をしております。
そして皆、4年生の為にも絶対あがると言っておりました。3,2,1年生は4年生と仲が良く、同期の一人は「4年生のためにも、勝ちたかった。本当は3年が勝たせてあげるべきだったのに出来なかったのが悔しい」と言っていたり。そんな同期たちと、最終学年を過ごせて良かったと思っております。


私個人としましては、3年目ということもあり練習や試合、合宿、そして公式戦と2年間経験してきたことを生かし、より部をサポートをできるように、と考えることができたように思いました。また、少しずつ来年の為に先輩方から「責任」という目には見えないものを降ろされている感じのするときもあった1年でした。
最高学年、という立場はまだ私にとって重く、今年度その立場をきちんと果たせるか不安を抱いております。ですが、頼りになる後輩マネージャー、そして同期、後輩部員たちと「成蹊大学ラグビー部を再びAグループに」という目標を掲げ、少しでも部の支えとなれるよう、後ろから精一杯サポートして参りたいと思います。
最後になりましたが、どうぞ今年度も成蹊大学ラグビー部をよろしくお願い申し上げます。
ご精読ありがとうございました。

3年 鶴岡慶子



«前へ

<< 2012年1月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログ最新記事

ブログテーマ