マネージャー日記

マネージャー日記 2018/1

<<前へ

1年間を振り返って -宮本萌生-

投稿日時:2018/01/28(日) 08:00

ホームページをご覧の皆様、こんにちは。
本日は学生コーチ1年の宮本が担当させていただきます。

まず始めに、昨年も多大なるご支援、ご声援ありがとうございました。
この場をお借りして、心より御礼申し上げます。

この1年を振り返りますと(私にとっては8ヶ月ですが)、私には3つの「変化」があったと感じております。
1つ目の「変化」は環境の変化です。
早稲田大学への入学、成蹊大学ラグビー部への入部、そして初めての一人暮らし。
私の生活はゆったりとしながらも慌しいものへと「変化」いたしました。

2つ目の「変化」は体の変化です。
早稲田大学のクラブチームでラグビーをしているとはいえ、高校生の時とは違う体を動かさない日々。
この1年は、私のお腹まわりをふくよかに「変化」させるには十分でありました。

3つ目の「変化」はラグビーに対する考え方の変化です。
高校時代茗溪学園でSOを努め、展開ラグビーを盲信し、BKにボールを回すことだけを考えていた私は、大学ラグビーをこの目で見て、考えを改めました。
ラグビーにおけるスクラム、FWプレー、キックによる陣地回復、そして接点における激しさ、フィジカル。
これらの重要性を深く理解いたしました。
特に、成蹊大ラグビー部の伝統のFWプレーの数々には同じチームに所属している身であることを誇りに感じております。

しかし、私は自身のラグビーへの考え方が「変化」しただけでは満足しておりません。これから監督、コーチ、先輩方、また様々な方々の意見や自分の目で見て感じ取ったことを通じ、私のラグビーへの考え方を「進化」させていきたいと考えてる所存でございます。

成蹊大学ラグビー部のさらなる飛躍のために尽力いたします。
今後ともご支援、ご声援のほどよろしくお願い申し上げます。

1年間を振り返って -杉本杏奈-

投稿日時:2018/01/27(土) 08:00

ホームページをご覧の皆様、こんにちは。
本日は学生トレーナー2年の杉本杏奈が担当致します。

まず初めに、2017年度成蹊大学ラグビー部への暖かいご支援、ご声援をくださった皆様、誠にありがとうございました。

特に合宿中やシーズン中における栄養面でのサポートは、対抗戦Aグループで戦う選手達にとって大きな糧となりました。
この場をお借りして、心より御礼申し上げます。

私個人と致しましては、この1年間、常に自分にプレッシャーをかけながら過ごして参りました。
先輩トレーナーの後を追い着いて行くばかりではなく、どんな状況においても自分だったらどうするか、どうしたいかを考え、失敗しながらも経験を重ねてきました。
間違えたり失敗して落ち込む度に笑って励ましてくださった先輩方には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

来年度からは学生トレーナーとして最高学年となります。
不安や寂しさはもちろんありますが、上級生だからと言って驕らず、選手たちがより良い環境でラグビーに臨めるよう、精一杯取り組んでいきたいと思います。

4年生が残してくれた対抗戦Aグループという素晴らしい舞台に、選手達は来年度も挑戦して参ります。
引き続き厳しい1年になると思いますが、変わらぬご支援、ご声援の程、よろしくお願い致します。

1年間を振り返って -片岡駿太-

投稿日時:2018/01/26(金) 08:00

ホームページをご覧の皆様、こんにちは。
本日は学生トレーナー1年の片岡が担当させていただきます。

まず初めに、今年度も栄養面での多大なるご支援、試合での温かいご声援をありがとうございました。
成蹊大学ラグビー部を応援してくださいました、全ての方々にこの場を借りて心より御礼申し上げます。

2017年シーズンを振り返ってみますと、初めての経験ばかりでとても刺激な1年でした。
昨年の入替戦では牛山主将を中心にチーム全員が「UNITE」したことで勝利し、本年も入替戦Aグループで戦えることになりました。
これも4年生の先輩方、OB、父母会の皆様、ファンクラブの皆様のお陰だと感じています。

来シーズンも厳しい戦いが続くと思います。
その中でトレーナーとしての自分ができることに全力で取り組み、少しでもチームの勝利に貢献できるよう頑張ります。
来シーズンも変わらぬ温かいご声援の程よろしくお願い致します。
 

1年間を振り返って -高橋有里紗-

投稿日時:2018/01/25(木) 08:00

ホームページをご覧の皆様こんにちは。
本日は3年マネージャー高橋有里紗が担当致します。

まず初めに、今年度も成蹊大学ラグビーフットボール部にご支援・ご声援頂きまして誠にありがとうございました。
この場をお借りして御礼申し上げます。

この1年間を振り返りますと、あっという間の1年でした。
今年は昨年と比べてマネージャーの人数が少なかったため、1人1人が行う仕事量が増えました。
その中で仕事の質を保つためには、考えて効率的に動かなければいけませんでした。

このような状況で、マネージャーチームをまとめ上げてくださった4年生の太田先輩は私の憧れであり、尊敬する先輩像でもあります。
また、後輩達もこの1年で大きく成長し、同期のマネージャーがいない私にとって心強い仲間となりました。
私自身は、やらなければならない仕事を早めに行い、さらに出来る仕事を探すことを1年間心がけておりました。

来年度はついに4年生となります。
先輩方が残してくださった対抗戦Aグループで、選手が万全の状態で活躍できるよう、昨年以上のマネージャーチームを作り、最高のサポートをしていく所存です。

最後になりますが、保護者の皆様をはじめ卒業生の皆様、学園関係者の皆様、応援して下さっている皆様、2018年度も成蹊大学ラグビーフットボール部への変わらぬ温かいご支援・ご声援の程宜しくお願い申し上げます。

1年間を振り返って -鈴木真優-

投稿日時:2018/01/24(水) 08:00

ホームページをご覧の皆様こんにちは。
本日は2年鈴木真優が担当致します。

まず初めに昨年度も成蹊大学ラグビー部に多大なるご支援、ご声援を頂きまして誠にありがとうございました。
この場をお借りして御礼申し上げます。

昨年は、新入生マネージャーが入らなかったため少人数での体制となり、最初は手が回らず納得のいく仕事ができず皆様にご迷惑をおかけしたことと存じます。
それでも4年生マネージャーの太田さんのおかげで7人が結束することができ、無事に1年を終えることができほっとしております。
マネージャーチームをまとめて下さった太田さんには感謝しかありません。本当にありがとうございました。
また、今でも目に焼き付いている猛暑の中で行われた夏合宿の4部練習、台風が差し掛かる大雨での練習等、どんな状況でもいつもと変わらず、声を掛け合い、切磋琢磨し、練習に一生懸命、挑む選手の姿を身近で見て、日々、感銘を受けました。
そんな選手が今年も関東大学対抗戦Aグループで戦える舞台を残してくれたことはとても誇りであり嬉しく思います。

今年度は勧誘に力をいれ、新入生マネージャーに入ってもらえるよう頑張って参ります。
また、3年生となるので上級生の自覚を持ち、改めて気を引き締めチームのサポートができるよう最善を尽くします。

今年も引き続き成蹊大学ラグビーフットボール部のご支援、ご声援を宜しくお願いします。

«前へ

<< 2018年1月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログ最新記事

ブログテーマ