マネージャー日記

10月23日

2014/10/23(木) 23:31

ホームページをご覧の皆様こんばんは。
本日は、20日に引き続き一橋大学戦を振り返って、2年生LO宇野宥司選手、1年生CTB清水拳選手にインタビューしました。

一橋大学戦では自分達のミスから流れを掴めず、その焦りからさらにミスを連発してしまい敗戦という結果になってしまいました。私は途中出場でグラウンドに立ちましたが、そのなかで見つかった課題を修正し、チームに貢献していこうと思います。
宇野宥司

私は今回の試合で、15分出場させていただきました。
自分のやるべきことである「アタックでのゲイン」で流れを変えることができず、ディフェンスでは逆に相手にゲインを許してしまいました。
自分自身の心身の弱さ、未熟さをとても強く感じました。
次の試合では今回の試合よりも長く、活躍できるように頑張ります。
清水拳

ご精読ありがとうございました。