マネージャー日記

1年間を振り返って -山田彬乃-

2022/01/25(火) 12:00

ホームページをご覧の皆様こんにちは。
本日は2年マネージャーの山田彬乃が担当いたします。

日頃より成蹊大学ラグビーフットボール部への多大なるご支援、ご声援誠にありがとうございます。

2021年度シーズンは様々な経験をさせていただき、成長できた1年であったと感じております。
1年次は目の前にある仕事を熟し、基礎を覚え身につけることに精一杯でした。
しかし、2年になってからは自分のやりたいことを明確にし、それらを少しずつ実行できた1年でした。

広報担当として、OBの方の力をお借りしながらメールマガジンの配信をスタートさせたり、SNSで新しいことに挑戦したりと、試行錯誤しながらも日々成長できたと感じております。

来年度は、広報活動をしていく中で内容をさらに工夫し、配信を楽しんでいただき、応援したいと思ってもらえるような情報発信に努めたいと思います。
成蹊ラグビーのファンを獲得するために、自分にできることを全力で、取り組んでまいります。

また、一昨年は中止となった入替戦が行われ、今までにない悔しさを経験しました。
この悔しさを忘れることなく、お世話になった先輩方や応援してくださる皆様へ「昇格」という形で恩返しができるよう、これからも励んでまいります。
そして、立教大学戦の敗北を受け、チームの勝利のために自分にできることは何かを改めて考えました。
来年度は上級生となり、お世話になったマネージャーの先輩方も卒業されます。
今まで以上に気を引き締め、責任を持って積極的に多くの仕事に携わり、昇格に貢献したいと思います。

2022年度も成蹊大学ラグビーフットボール部へのご支援、ご声援のほどよろしくお願いいたします。