お知らせ

成城大学戦

2022/09/11

本日は関東大学ラグビー対抗戦初戦となる成城大学戦が行われました。

終始相手を圧倒し続けた本学は16トライを奪い、104-0(前半33-0/後半71-0)で大勝を収めました。

試合は成蹊大学のキックオフで始まります。


開始直後、一度は自陣ゴール前まで攻め込まれるも、ラインアウトモールを押し込み2番志村がトライ。
先制点を奪います。
直後、本学は再度モールトライを狙いますが、ディフェンスに阻まれここでは追加点を逃します。


しかし前半12分、スクラムからパスを展開し、最後は2番志村がディフェンスラインを突破しトライ。
3分後には自陣から12番高島とショートパスを繋いだ14番田村がトライを決め、序盤から相手を圧倒します。


その後も9番糊谷が自ら仕掛けビックゲイン、トライを決めます。
前半終了間際には10番小口の巧みなキックパスを6番井上が受け追加点。
33-0で前半を折り返します。



5トライ無失点で終えたものの、ミスの多さが目立った前半。
コーチ陣からの指摘を受け、ハーフタイムで修正します。


52-0で迎えた後半18分、またも10番小口のキックパスを6番井上がキャッチ。
トライを決めた本学はさらに勢いをつけます。


後半29分、BKがオフロードパスを繋ぎ22番山本がトライ。
見事なコネクションを魅せます。
3分後には9番糊谷が俊足を活かしてトライ。
さらに13番新谷が3人のタックラーをかわし、最後は絡まれながらも鋭いランで追加点を奪います。


そして後半44分に6番井上がトライ、開幕戦にしてハットトリック達成となりました。
15番石原のゴールも決まり、ここでフルタイムの笛。
104-0で本学が勝利しました。


3年ぶりに対抗戦が有観客で開催され、けやきグラウンドは活気に包まれました。
ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。

次戦は9月25日の一橋大学戦です。
無観客での開催ではありますが、皆様の熱いご声援を心よりお待ちしております。