マネージャー日記

青山学院大学戦

2022/06/05(日) 22:00

ホームページをご覧の皆様こんばんは。
本日は4年マネージャーの安達真帆が担当いたします。

本日は関東大学春季大会第4戦目となる青山学院大学戦が行われました。
Aチーム、Bチーム(40分)共に試合があったため万全の準備をしてまいりました。

成蹊のキックオフより始まりました。
試合開始直後は両者譲らず得点が動かないまま15分が過ぎます。
しかし前半20分、青山学院大学に先制トライを許してしまい0-5となります。
続けて26分、青山学院大学の華麗なパス回しにより、トライを許し0-10となりました。
成蹊は流れを変えるべく、ペナルティゴールを選択するも、ポストにはじかれ得点につなげることができませんでした。
成蹊が不利な状況、0-33で前半が終了します。



ハーフタイムでは、後半で良いスタートが切れるようにと選手同士で話し合う姿が印象的でした。
気持ちを切り替えて挑んだ後半、成蹊の素早いパス回しと連携により、14番松田がトライを決めます。
15番石原は着実にキックを成功させ得点を稼ぎました。
その後も成蹊はゴール付近まで攻め入るシーンが見受けられるも、なかなかトライできず。
もう1トライを狙って懸命にボールを繋ぎますが、相手のディフェンスに難航し、青学がリードしたままノーサイド。
結果は53-7と敗北でした。



直ぐ様Bチームの試合が行われました。
Aチームの流れを変えるべく、Bチームもどんどん前に出て攻めの姿勢を見せます。
成蹊が17分、13番山本がトライと14番近藤のキック成功により7-0となります。
しかし、相手もチャンスを逃さずトライを奪い、一進一退の攻防戦が続きます。
巧みなパス回しに飲まれてしまい、7-19で敗北しました。



Aチーム、Bチーム共に、もどかしさと大きな悔しさを残した試合となりました。
今回の試合での反省点を活かし、残す試合も全力で戦ってまいります。
今後とも変わらぬご支援、ご声援のほどよろしくお願いいたします。