マネージャー日記

1年間を振り返って -小野琴未-

2022/01/22(土) 12:00

ホームページをご覧の皆様こんにちは。
本日は2年マネージャーの小野琴未が担当いたします。

初めに、今年度も成蹊大学ラグビーフットボール部に多大なるご支援、ご声援賜りまして誠にありがとうございました。
私個人としてこの1年を振り返りますと、成蹊大学ラグビー部の一員であることを強く実感した1年でした。
コロナ禍の活動で心身共にストレスがかかる中、毎日の練習に励み、目標に向けて直向きに頑張る選手の姿を見ていると、私もこのチームのために最善を尽くしたい、マネージャーとして力になりたいと、より強く思うようになりました。

また、2年次からラグビー協会と保険の担当を務めさせていただくようになり、グラウンド内外問わず仕事の幅が広がったことが個人的な変化でした。
マネージャーの仕事に慣れることに精一杯だった昨年度より、初めての後輩マネージャーを迎えた今年度は主体的に行動することを意識して過ごしてまいりました。
日々反省することも多々ございましたが、同期マネージャーに助けられ、もっと頑張ろうという気持ちで次に繋げることができました。

4年生の先輩方には、いつも親身にご指導いただき、2年間大変お世話になりました。
本当にありがとうございました。

来年度よりマネージャーは今年度の14名から8名の新体制となります。
来年度こそ対抗戦グループA昇格を果たすために、選手にとって最善な環境を整える他、一人一人がチームの勝利のために自ら考えて行動できるような体制を築けるよう、私個人といたしましても全力でサポートに努め、精進してまいります。

最後になりますが、保護者の皆様をはじめOB・OGの皆様、学園関係者の皆様、サポートしてくださった全ての皆様に感謝申し上げます。
今後とも弊部へのご支援、ご声援のほど何卒よろしくお願いいたします。