マネージャー日記

上智大学戦

2021/11/14(日) 20:30

ホームページをご覧の皆様こんにちは。
本日は2年マネージャー富永璃子が担当いたします。

本日は、関東大学対抗戦グループB第6戦目となる上智大学との試合が行われました。
天候にも恵まれ、良い環境で試合を行うことができました。

独特な緊張感の中、キックオフいたしました。
前半7分、5メートルラインスクラムから出たボールを、9番高村瑛志がテンポよく繋ぎ6番横山拓がトライ。
続く14番鈴木康太もキック成功し、勢いよくスタートを切ります。
しかし、前半15分本学のペナルティにより、ペナルティゴール3点を許してしまいます。

その後成蹊は勢いを取り戻し、モールや、BKの素早く正確なパス回し、ゴールラインのFWの粘り勝ちなど、様々なテクニックを利用し、次々とトライを決めます。
全員で繋ぐ息のあったプレーが印象に残る前半戦は、36-3で終えます。


後半、自分達のやりたいラグビーが出来ず両校追加点を入れることなく拮抗します。
15分、相手の強いフィジカルと素早いランに翻弄され、トライを許します。
その後、15番鈴木大之がトライを決めるも、相手のパスに対応することができずさらにトライを許してしまいます。
しかし、その3分後本学の安定したモールから16番大舘幸長がトライ、14番鈴木康太も追加でトライを決め57-15でノーサイド。
成蹊大学が勝利を収めました。



今シーズンも、残すところ後1試合、目標であるグループA昇格を決める入替戦まで約1ヶ月となりました。
スタッフ一同より気を引き締め、全力でサポートしてまいります。


次戦は、11月27日の明治学院大学戦となります。
皆様のご支援、ご声援のほどよろしくお願いいたします。