マネージャー日記

明治大学戦

2021/07/10(土) 20:14

ホームページをご覧の皆様こんばんは。
本日は4年マネージャーの福田真優が担当いたします。

本日は、明治大学との練習試合が行われました。
関東学院大学戦や東洋大学戦での悔しさを払拭すべく、チーム一丸となって試合に臨みました。


前半開始早々、明治大学の力強いアタックにより先制点を奪われてしまいます。
しかし、前半5分に敵陣に入り、13番新谷が空いたスペースを抜け、10番糊谷へとパスを繋ぎトライを奪い返します。

その後トライの奪い合いが続き、両者一歩も譲らぬ展開でしたが、34分、敵陣でのマイボールスクラムからボールを素早く回し、14番高橋がトライを奪い、前半を26-21で折り返します。

後半に入ると、敵陣ゴール前ラインアウトからFWが粘り強くアタックを重ね、5番荒川がトライを奪います。
このトライをきっかけに、果敢に攻め続け、連続してトライを奪うことができました。
試合終了間際には、12番髙島が自陣22メートルライン付近から抜け出し、8番平松へとパスを繋ぎ、そのままハーフラインから独走トライを決めました。
後半では6本のトライを奪い、60-38で成蹊大学が勝利を収めました。


今回の試合では、明治大学の力強いアタックや粘り強いディフェンスに屈することなく、選手全員が体を張り続け、果敢に立ち向かう姿が印象的でした。
この勝利を糧に、チーム全体の士気を高めてまいります。

明日は、14時半より上智大学との練習試合が行われます。
春シーズン最後の試合になりますので、良い形で締めくくれるように、部員一人ひとりが『As One』というスローガンを心に留め、精一杯闘います。
ご声援のほどよろしくお願いいたします。