マネージャー日記

1年間を振り返って -宮本萌生-

2020/01/29(水) 12:00

ホームページをご覧の皆様こんにちは。
本日は学生コーチ3年の宮本萌生が担当致します。

まず初めに、本年度も御父兄、OB会、そしてファンクラブの皆様の多大なるご支援、ご声援ありがとうございました。

チームと致しましては皆様の手厚いサポートに応えることができず、対抗戦Bグループ降格してしまったことを大変申し訳なく思っております。
また、個人と致しましてはチームを「打倒青学」の為しうるチームに成長させることが出来なかったことを非常に残念に思う次第であります。

今年一年を振り返りますと、後悔の念が残る一年であったと感じています。
それは、チームに対して影響を与える部員となれなかったことです。
私はクラブチームでのラグビー活動を選択していることもあり、どちらの活動にも尽力するつもりでおりましたが、学年も上がり個人として求められることの重要度が上がるにつれて中途半端になってしまった部分がありました。
この点は先んじて見通しを立て、その時できる精一杯を尽くすことをしていかねばならないと認識しました。

来年は最高学年になり、より責任感のある仕事を任せていただくこともあると思いますが、今年の反省を生かし目標達成出来るように致します。
来年度は今までにない環境で敗北を許されない年ですので、より一層気を引き締めて参ります。

皆様には今後とも変わらぬご支援、ご声援の程よろしくお願い申し上げます。