マネージャー日記

一年間の振り返ってー若奈真衣ー

2016/01/29(金) 20:58

ホームページをご覧の皆様こんばんは。
本日は3年生マネージャー若奈真衣が担当させていただきます。
 
まず初めに、成蹊大学ラグビーフットボール部にご支援・ご声援頂きました皆様誠にありがとうございました。
皆様の力はチームの勝利を後押しして下さいました。心より御礼申し上げます。
 
2015年度シーズンを振り返りますと、「Aグループ」という夢の舞台へ向け、がむしゃらに走り続けた1年でした。
マネージャーとしてチームに貢献できることは何か、どうしたら選手にとってベストの環境作りができるのか、マネージャー一人一人が日々考えて行動に移してきました。
 
そして広報担当として成蹊大学ラグビー部を知って頂きたいという一心で試行錯誤を繰り返した年でもありました。
ホームページ、Facebook、Twitterなどで温かいコメントを頂きました皆様誠にありがとうございました。
皆様が支えて下さることで分かったことがあります。それは「愛されるチーム」は強いということです。
昨年の入替戦ではお忙しい中多くの方に会場でのご声援を頂きました。終始成蹊の名前を叫び続けてくれていた皆様の姿は今も目に焼き付いています。
共に喜び、涙を流してくださる皆様は私たちの誇りです。
 

3年間を共にした4年生4人のマネージャーからは、多くのことを教えていただきました。
日々どのようにすれば部が円滑に活動できるのかを一人一人が考え、時にはぶつかり合い、何回もミーティングを重ねた日々も今では懐かしい思い出です。
 
そして何より、私は大塚昂監督にマネージャーとして、人として、成長させて頂きました。
自分がチームになにを求められているか考えること、気遣いの大切さ、大塚監督から学んだことを忘れずに日々歩んでいきます。
 
大塚監督、4年生マネージャーの先輩方、4年間本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。
 
 
2015年度納会で初めて挨拶をしていた、どこかぎこちない同期たちを見て、私たちもついに最上級生になったのだと感じました。
石田主将率いる4年生の先輩方が残してくれたAグループという舞台で、選手たちがベストのプレーができるよう、マネージャーも一丸となり引き続きサポートして参ります。
 
本年度、厳しい試合が続くと思います。ですが選手たちは高い目標に向け日々努力を続けています。Aグループで戦える喜びを噛み締め、皆様に感動を与えられるよう精進していきます。
 
成蹊大学ラグビーフットボール部を応援してくださる皆様、これからもご支援・ご声援の程よろしくお願い致します。
 
ご精読ありがとうございました。