2013年度大塚監督・井上主将挨拶

2013/02/15

日頃より成蹊大学ラグビーフットボール部にご支援とご理解をいただきまして誠にありがとうございます。
2013年度大塚監督、井上主将の挨拶です。

日頃より成蹊大学ラグビーフットボール部に熱いご声援を頂き、心より厚く御礼申し上げます。
昨年度は皆様のご支援・ご声援のおかげで、Aグループに返り咲く事が出来ました。学生達の努力はもちろんの事、皆様の支えのお陰と感謝致しております。
これから社会に羽ばたく尾上組にご期待頂ければと存じます。
さて、井上 高宗主将率いる2013年度チームは「Aグループ2勝以上」という目標に向かい練習を開始致しました。
昨年以上に厳しい日々が待ち構えているかと存じますが、昨年と同様にチャレンジャーとしての気持ちを忘れる事なく
「強い心」を持って一歩一歩進んで参りたいと考えております。
そして、井上組の学生・コーチングスタッフ・メディカルスタッフ・マネジメントスタッフと共に力を合わせ、掲げた目標を達成したいと思っております。
また、井上組が「成蹊でラグビーをやって良かった!」と心から思い、ラグビーフットボール部で培った様々な経験を財産にし、心豊かな社会人になれる様な集団を目指します。
最後になりますが、諸先輩・ご父兄・成蹊学園・ファンの皆様、創部90周年を迎える成蹊大学ならびに成蹊小学校・中学校・高校ラグビーフットボール部を本年度も更なるご支援、ご声援をよろしくお願い申し上げます。
 
成蹊大学ラグビーフットボール部  
監督  大塚 昂



ホームページをご覧の皆様こんにちは。
本年度成蹊大学体育会ラグビーフットボール部の主将を務めさせていただいております井上高宗です。
先日2月10日より2013年度成蹊大学体育会ラグビーフットボール部が始動いたしましたので、2013年度の全部員代表としてご挨拶をさせていただきます。

はじめに、昨年度は見事1年間で1部昇格をするという輝かしい結果を残す事ができました。それは大塚昂監督、コーチスタッフ陣の的確な指導だけでなく、学園関係者の皆様のご支援ご声援の賜物で成し遂げる事ができたと思っております。応援していただき誠にありがとうございました。今年度は昨年度とは違いとても大変な環境であるため、この先訪れるきつい事、苦しい事は多々あると思います。しかし昨年度の最高学年の方が全身全霊をかけ、導いてくれた対抗戦Aグループという最高の舞台を楽しみ、結果を残したいと思っております。
そして、OB・OGの皆様、学園関係者の皆様、成蹊大学ラグビー部を応援してくださる皆様に恩返しをしたいです。


今シーズンの目標としている、対抗戦Aグループ「2勝」を目指すにあたり、チームスローガンに「For ONE」(一つのために)を掲げました。
「一つのために、一人のために、一つの目標のために」チームが一つとなり団結していく、という意味です。スポーツ推薦も無く、部員も少なく、厳しい環境だからこそ団結していかなければならないと思いますし、昨年度のスローガンも「UNITE」で団結の意味があり、その際団結力の凄さを直接肌で感じる事ができましたので、今年度も一言でチームが団結する事のできる言葉をスローガンにしました。


また、私事ではありますが、今年度大学ラグビー部の主将を就任した事により、私は大学ラグビー部だけの主将ではなく、成蹊学園全ラグビー部の小学校から大学までの代表であり主将だと思っております。したがって今年度は成蹊学園全体でラグビーを盛り上げていきたいと思っております。今後私たち大学部員は、成蹊小学校から高校生までのラグビー部と積極的に合同練習をしていくつもりです。こういった活動をする事で、共に応援し、刺激し合う関係になれば、結果は自ずと良い方向に向かう事ができると思っております。
                                                                
最後になりましたが、普段から私達を支えてくださるご父兄の皆様への感謝の気持ちを忘れることなく、目標達成に向けチーム一丸となり突き進みたいと思います。
本年度も成蹊大学体育会ラグビーフットボール部をよろしくお願い致します。

成蹊大学体育会ラグビーフットボール部
主将   井上 高宗