成城大学戦を振り返って

2012/09/11

日頃より成蹊大学ラグビー部がお世話になっております。

本日は日曜日に行われた成城大学戦で特に活躍していた3人の選手を紹介させていただきます。


左から松井渉(3年)、東山啄匡(1年)、三浦豪(4年)


コメント

松井選手
Q1:初戦でしたが試合に臨む上で意識したことはありますか?
とにかく楽しむことを意識して試合に臨みました。
Q2:バックスリーの連携はどうでしたか?
「試合中にバックスリーの間でうまくコミュニケーションを取ることができずキック処理の部分でミスが多発してしまったので次の武蔵戦までにはその点を修正しようと思います。」
Q3:次の試合での目標トライ数はずばり何本でしょうか?
「4トライです!!」

東山選手
Q1:初の秋シーズンでの赤黒ジャージを着る試合でしたが、緊張はしましたか?
「伝統ある対抗戦で赤黒ジャージを着る事ができて、嬉しさの反面とても緊張しました。」
Q2:今回の試合で意識したことはありますか?
「80分間アタック、ディフェンスで前に出続けて相手に走り勝つことです。」
Q3:応援してくださる方々へ一言お願いします。
「もっと基本に忠実にアグレッシブにプレーするので、応援宜しくお願いします。」

三浦豪選手
Q1:初戦でしたが試合に臨む上で意識したことはありますか?
「初戦ということで、春シーズンと夏合宿を通してやってきたことをやり切ろうと思い、プレーしました。」
Q2:今回試合を行って自分なりに良かった点と修正すべき点を教えてください。
「良かった点は数少ないディフェンスでターンオーバーをしてトライに繋げることができたこと。修正点はチームが中だるみしている時間に流れを変えることができなかったこと。」
Q3:次の試合に向けて一言お願いします。
「次の試合では、80分間切らす事なくプレーしていきたいです。応援の程よろしくお願い致します。」