4年間を振り返って -村上広大-

2020/01/12

ホームページをご覧の皆様こんにちは。
本日は4年村上広大が担当させていただきます。

まず初めに、本年度も弊部にご声援、ご支援いただき、有難うございました。

僕にとって、この4年間はとても刺激的な毎日でした。
1年生の頃は全く練習についていけず、幾度となく退部を考えましたが、優しい先輩方・同期のみんなのおかげで何とか続けることが出来ました。
2、3年の頃はメンバーに入るという目標で練習に取り組んできました。
4年生となった今年は、一人暮らし長を務めまして、今まで以上に、自分たちの活動は多くの方の支えがなければ成り立たないことを身をもって感じました。
また、試合に出してもらう機会が増えたため、多くの声援の中でプレーすることができました。
それと同時に、チームが試合で負けた事に対して悔しさを強く感じました。
特にターゲットとしていた青山学院大学戦、最後の入替戦に負けてしまったことはとても悔しいですし、後輩達には申し訳なく思っています。
この悔しさを忘れず、社会人では結果を出せるよう努力していきたいと思います。

この4年間、伝統と歴史のある成蹊大学ラグビー部に所属して、たくさんの経験をすることが出来ましたし、4年間続けたことは自分にとって自信になりました。
来年からは、OBとして後輩の応援や支援をするのはもちろんのこと、社会人として成蹊大学ラグビー部の名に恥じないよう頑張っていきいきます。

最後になりましたが、今後とも弊部へのご支援、ご声援の程よろしくお願いします。
4年間ありがとうございました。