春シーズンを終えて 監督・主将挨拶

2018/07/31


日頃より成蹊大学ラグビーフットボール部に熱いご声援を頂き、心より御礼申し上げます。
古市龍馬主将率いる2018年度のチームは2月12日より「GAIN」をスローガンに始動、関東大学春季交流大会では青山学院大学相手に久々の勝利をあげ、一定程度の成果をあげることが出来ました。
またJr.の試合を多数組むことで、チーム力の底上げを図れたと感じています。
8月10日からの校内・菅平合宿に於いては、チームとしての強みの強化や課題克服に注力するだけでなく、学生一人一人の人間力向上を図るべく、最上級生のリーダーとしての意識向上及び、3年生以下の主体性を促したいと考えます。
石田、平丸、牛山が残した対抗戦Aグループで戦えることへの感謝を忘れず、実りある合宿を過ごし秋シーズンに応援支援して頂いている皆様へ感動を届けたいと思います。

OB・ご父兄・学園関係者・成蹊学園ラグビー部のファンの皆様の多くの声援は、必ずや古市組の大きな力となります。
是非グラウンドまでお越し頂きご声援頂ければと思います。
何卒よろしくお願い致します。


成蹊大学ラグビーフットボール部
監督 池田 元


 

ホームページをご覧の皆さまこんにちは。
成蹊大学ラグビー部主将の古市龍馬です。
春シーズンは多くのご支援・ご声援をいただき誠にありがとうございました。

春シーズンは今年の目標である「打倒日体大」を達成するための準備期間として例年以上に試合数を増やし、練習に取り組んで参りました。
収穫もありましたが、まだまだ課題が山積みであると感じます。
今後、オフ期間を挟み、夏合宿に入りますが、春シーズンで出た課題を修正するとともに、強みをさらに伸ばしていけるよう精進して参ります。

最後になりましたが、皆様のご支援・ご声援は我々の力となります。
これからも皆様のご支援・ご声援のほどよろしくお願いいたします。


成蹊大学ラグビーフットボール部
主将 古市 龍馬