4年間を振り返って ー清水拳ー

2018/01/10

ホームページをご覧の皆様こんにちは。
本日は4年清水が担当いたします。

私の4年間を振り返るととても充実していて、短かったように感じます。

私は成蹊大学のラグビー部に入りたくて入学しました。
最初の2年間はスキル、体格、経験の全てが足りない私は、大学ラグビーの高いレベルにしがみつくことに精一杯でした。
とても辛い2年間でしたが高いレベルでプレーしたからこそ自分のプレースタイルを見直すことができ、3年の時にはBKからFWに転向したことで1年間スタートメンバーとして出場させてもらうことができました。
そして、大学最高峰リーグである関東大学対抗戦Aグループでとても貴重な経験をするとこができました。

しかし、今年は怪我をしてしまい最後までグラウンドでプレーヤーとしてチームに貢献することができませんでした。
とても悔しく、悲しかったのですが、多くの同期、後輩に支えられ自分に出来る最大限のサポートでチームに貢献できたと思っています。

来年から社会人になりますがこの学生時代に培った経験を生かし、お世話になった方達への感謝を忘れることなく、新たな目標に向かって精進いたします。
また、これからはOBとしてできる限りのサポートをしていきたいと思っております。
来年度もAグループで厳しい戦いになると思いますが、変わらぬご支援、ご声援をよろしくお願い致します。

4年間本当にありがとうございました。



ご精読ありがとうございました。