春シーズンを終えて 監督・主将挨拶

2017/07/31

日頃より成蹊大学ラグビーフットボール部に熱いご声援を頂き、心より御礼申し上げます。
牛山直哉主将率いる2017年度のチームは「対抗戦Aグループ2勝」を目標に2月12日より始動しました。
「UNITE」をスローガンに関東大学春季交流大会・四大学運動競技大会とのぞんで参りましたが、思うような結果が残せず、応援して頂いている方々に感動を与えることが出来ませんでした。
一方、我々の強みや課題等が明確になり、夏の合宿にて取り組むべきことが明確になったと考えます。

8月9日からの校内・菅平合宿に於いては、2勝という目標に対して行動が伴っているか問い続け、学生1人1人が主体性を持てるよう促すと共に、強みの強化や課題克服を注力して取り組みたいと考えます。
学生・スタッフ一同共に力を合わせ「UNITE」し、「対抗戦Aグループ2勝」を目標に、夏を過ごして参りたいと思います。

OB・ご父兄・学園関係者・成蹊学園ラグビー部のファンの皆様の多くの声援は、必ずや牛山組の大きな力となります。
是非グラウンドまでお越し頂きご声援頂ければと思います。
何卒よろしくお願い致します。


成蹊大学ラグビーフットボール部
監督 池田 元



ホームページをご覧の皆様こんにちは。
成蹊大学ラグビー部主将の牛山直哉です。
春シーズンは多くのご支援・ご声援を頂きまして誠に有難うございました。

春シーズンは、今年の目標である対抗戦二勝への準備期間として練習、試合に取り組んで参りました。
しかし、秋のターゲットである青山学院大学さん、日本体育大学さんに敗れ、まだまだ自分達の練習の質や意識が足りていないと痛感致しました。
特に意識の面では、目標を本気で達成しようという意志がまだまだ足りず、それが練習や試合に臨む姿勢に表れているように感じます。
オフ期間を挟み夏合宿に入りますが、夏合宿はチーム全員がラグビーに集中し、同じ方向を向くことのできる良い機会です。
この夏合宿を良いものにし、スローガンである「UNITE」を実現することで、秋の対抗戦で二勝するチームを完成させて参ります。

最後になりましたが、皆様のご支援・ご声援は我々の力となります。
これからも皆様のご支援・ご声援の程宜しくお願い致します。


成蹊大学ラグビーフットボール部
主将  牛山直哉