四年間を振り返って ー可西 晴樹ー

2017/01/04

ホームページをご覧の皆様こんにちは。
本日は4年可西晴樹が担当致します。

私の4年間を振り返ってみますと、とても充実し、苦労もあり、喜びも沢山ありました。
私は1年生から試合に出場させてもらい、4年間で数多くの試合経験をし、貴重な体験をさせていただきました。
特に3年次の入替戦に出場し、対抗戦Aグループに昇格したときは自分のスポーツ人生の中で最高の喜びをチームメイトと味わう事ができました。

また4年間を通して怪我も沢山しました。
リハビリの期間も多く、その都度自分と向き合い、悩む時期もありました。
しかし同期の支え、後輩の頑張り、試合で行う気持ちの入ったタックル、といったものが自分を奮い立たせて常に前向きにさせてくれました。
最後は怪我で終わりましたが、最後まで諦めずやり遂げることができました。

地方の富山県から1人で上京し、私生活や食事など不安も多くありました。
監督、コーチ、OBの方々、同期、後輩の指導が自分を成長させ、支えてくれました。
両親は、4年間自分が出場しない試合のときでも富山県から試合会場に来て応援してくれました。
多くの人達に支えられてきたことは本当に感謝しています。

来年度から社会人になりますが、この学生時代に培った経験、お世話になった人たちへの感謝を忘れることなく、新たな目標に向かって日々精進していきたいと思います。
後輩たちが対抗戦Aグループでさらなる飛躍ができるよう、OBとしてできる限りのサポートはしていきたいと思っております。
来年度も変わらぬご支援、ご声援をよろしくお願い致します。
4年間本当にありがとうございました。

ご精読ありがとうございました。