四年間を振り返って ー渡邊 健太ー

2017/01/12

ホームページをご覧の皆さんこんにちは。
成蹊大学ラグビーフットボール部4年の渡邊健太です。

私の4年間を振り返ってみると様々な出会い、経験がありました。
精神的に辛いこともあり、何度も部活を辞めようかと悩んでいた時期もありました。
それでも最後までラグビーができたのは1番近くで支えてくれた両親のおかげです。

大塚前監督、池田監督、柳瀬コーチ、落合コーチ、太田コーチ、井上コーチがこんな私に期待して下さったことを本当に感謝しています。
気にかけて下さった先輩方、居場所をくれた後輩達、仲の良い同期にも本当に感謝しています。
成蹊大学でラグビーを終えたことに一切後悔をしていません。

来年度は最高のチームとなり、必ず目標を達成してくれると確信しています。
辛い時は仲間を信じ、頼り、支え合って頑張って下さい。

私は来年から社会人となります。
OBとして後輩達を支えながら、目標に向かって邁進して参ります。
4年間本当にありがとうございました。

ご精読ありがとうございました。