対 甲南大学戦

2010/12/21

12月18日(日) 甲南グラウンドにて、甲南大学との定期戦が行われ、成蹊大学は50対12(前半19対12、後半31対0)で勝利を収めました。(13時キックオフ)



前半には8分に11番信田が先制トライをあげ、8番キャプテン小林、12番大森(3年)と3トライをあげるものの、甲南大学にも2トライを許し、一進一退の攻防を繰り広げた。
後半に入り、大幅な入れ替えを経て流れが変わり、甲南大学に全く攻撃のすきを与えないまま1番竹内(2年)がトライをとると、続いて3番の斎藤、20番の平賀(2年)、15番の尾上(2年)そして後半39分に12番大森がダメ押しのトライを奪うと前半よりも多い5トライをあげる結果となった。
4年生は甲南大学との定期戦が成蹊ラグビー部としての最後の試合となり、仲間とともに4年間の集大成ともいえるプレーを出し切った。


試合後にはファンクションが行われ、両校の選手たちは記念品の贈呈や自己紹介などを通して交流を深めた。