成蹊大、22年ぶりに青学大に勝利!

2007/11/24

2007年11月24日(土)、江戸川陸上競技場で行われました、関東大学ラグビー対抗戦、成蹊大学対青山学院大学戦は成蹊大学が19対7(前半0対7、後半19-0)で勝ち、今シーズン初勝利をあげ通算成績を1勝5敗としました。

 

前半開始早々、キックミスを相手、青学ディフェンスにチャージされそのまま押さえ込まれてトライ。ゴールも決まって0対7。その後は両チーム決めてがないまま前半を終了。

後半に入ってからは、成蹊が攻め続け、立て続けにトライを奪い、逆転。青学も必至に追いつこうとしてきたが、肝心なところでミスが出て攻撃がつながらず。

後半30分過ぎには相手ゴール正面のラックから成蹊の右プロップ永井(3年)がだめ押しトライ、ゴールも決まって19対7となりノーサイド。

対抗戦で青学に勝ったのは昭和60年(1985年)以来22年ぶり。しかし前半から成蹊もミスが多く、なかなか点に結び付きませんでしたが、青学との実力差はほとんどなかったと思われます。

次週はいよいよ最終戦、慶應義塾大学との対戦です。(12月1日熊谷ラグビー場 14:00KO)

 

皆さまの応援、よろしくお願いします。