青山学院戦コメント

2007/11/26

青山学院大学戦 コメント

 

<池田監督>

 シーズン最大のターゲットに対し、前半は緊張からか、課題のセットプレーが安定せず、また細かいミスもあったが、後半は修正されテンポ良くリサイクルでき、徐々に精度が上がり無難に得点できたようでした。DFの局面でも粘り強く、練習の成果が出たと感じます。シーズンも残りわずかですが、さらに精度をあげ、しっかりしたゲームメイクのできるチームを期待してます。最後になりましたが、お蔭様でAグループで初年度で勝利という結果を出すことができました。これも数多くのOBの方々、また学校関係者の皆様のご声援があったと心より感謝申し上げます。

<BKリーダー 12番 矢島>

 シーズン当初から目標に掲げてきた試合に勝利でき、また個人的には江戸川で初めて勝てたので本当に嬉しいです。ただ細かいミスやBKのDF、キック処理などの課題も多いため、短い期間ですが修正し、次の試合につなげたいと思います。

<FWリーダー 1番 稲田>

 まずは試合に勝てて良かった。今まではFWが足を引っ張っていたが、今回はFWが優勢に立てたのが良かった。残り2戦、気を抜かずに頑張ります。

<1本目のトライをあげた HO 柳瀬>

 4年生として、とにかく勝たなくてはいけない試合なのでまずは勝てて一安心です。FWがスクラムも含めまとまって前に出れた事も大きな収穫でした。来年のためにも、まだ入れ替え戦があるので締めなおしてがんばりたいと思います。

<2本目のトライをあげた SH 池田>

 試合に勝てて良かった。次の慶應戦は今日出た課題を一個でも解決できるよう、一週間練習したい。個人的には早稲田戦から取りたかったトライが取れて嬉しかった。

<3本目のトライをあげた 3番PR 永井>

 今日の試合は筑波戦から3週間練習でやってきた『FWでこだわる』ということがしっかりできた。これはBチームの人達に練習で手伝ってもらったおかげだと思う。まだ慶應、入れ替え戦とあるので一試合一試合成長できればいい結果が出ると思う。今日はかてて本当によかったです。

<LO 4番 濱田>

 4番という不慣れなポジションでスクラムが不安でしたが、1番の稲田先輩がうまくリードしてくれたので良かった。今までうまくいかなかったFWでのこだわったトライが取れて勝てたのがうれしい。

<FL 6番 出口>

 大事な試合に勝つことができてよかった。前半は動きが固かったが、後半はいい流れで試合を運べたと思う。この勝利に浮かれず残り2試合気を引き締めていきたい。

<FL 7番 森岡>

 今日は対抗戦上がっての初勝利でした!前半は緊張からかブレイクダウンから相手と互角にやり合ってしまいましたが、後半には修正してブレイクダウンで優位に立てFWとBKが噛み合って攻撃できたのが勝因だと思います。

<WTB 11番 浦野>

 春から目標としていた青学に勝ててとても嬉しいです。FWが頑張ってくれたのが勝因だと思います。入れ替え戦に勝ち、対抗戦Ani残留できるように、残りの試合も気を抜かずに頑張りたいと思います。

<CTB 13番 三雲>

 今日の試合は肩の怪我からの復帰戦でした、一番不安であったタックルを試合を通じてできたことは良かったのですが、アタック面では課題が見えた試合であったのでのこり二試合ではアタック面でチームに貢献できるように頑張りたいです。今日の勝利は素直に喜び、来週から気持ちを切り替えて残り二試合油断をせず最高の形でシーズンを終えたいです。

<FB 信田>

 チーム一丸となって準備をして挑んだ試合だけあって、勝つことができてとても嬉しいです。そして、成蹊大学の対抗戦A初優勝という歴史的な試合に出場し、この勝利に瞬間グランドに立てていたことを光栄に思います。しかし個人としては、前半から動きが固く、ミスを連発してしまい満足のいくプレーができませんでした。みんなにも迷惑をかけてしまってその部分は本当に悔しいです。この悔しさを忘れずに、練習に今まで以上に真剣に取り組み、慶應戦では青学戦でできなかった思い切りのプレーを出してチームの勝利に貢献したいと思います。慶應戦勝ちに行きます!