関西学院大学戦

2009/08/23

関西学院大学戦コメント

<監督>
先日の中央大学戦で手応えを感じたセットプレー、BKのラインスピードを特に意識して挑んだが全体的にミスも多く課題(風下の際のゲーム運び・モールディフェンス・接点での攻防)が残った。
菅平合宿もあと4日。少しでも課題を克服し、シーズンを迎えたい。

また、OBの集合日ということもあり貴島会長・石川副会長をはじめ多くのOBの方々に応援頂きありがとうございました。今年もOB諸兄皆様の応援よろしくお願い致します。

<副将 福島 傑>
FWは中央大学戦と同様に、セットプレーの安定とモールDFをテーマに試合に望みました。セットプレー・モールDFに関しては所々修正すべき点が見つかったものの、大きな崩れはなくまずまずの出来だったと思います。しかし関西学院戦ではレフリングに対して柔軟に対応できず、FWが自らのリズムを掴むことができなかったことが敗因だと思っています。シーズンに向けてスキルの更なる向上はもちろんのこと、レフリングに順応するという課題を改めて認識させられた試合でした。

<副将 三雲 淳>
関西学院大学戦にはたくさんのOBの方々が応援に現役のために駆け付けてくださいました。ありがとうございました。そんな中、不甲斐ない試合をしてしまいすみませんでした。
自分達のやりたいことをさせてもらえず、ペナルティ、ハンドリングミスを繰り返し終始相手のペースで試合が進み負けてしまいました。
この試合で出た課題を合宿で克服し、チームレベルを上げて東京に帰れるように残り少ない期間最後まで気を抜かずに頑張ります。