マネージャー日記

マネージャー日記 2020/1

<<前へ

1年間を振り返って -米山徹朋-

投稿日時:2020/01/31(金) 12:00

ホームページをご覧の皆様こんにちは。
本日は分析・学生コーチ2年の米山徹朋が担当致します。

まず初めに、本年度も御父兄、OB会、そしてファンクラブの皆様の多大なるご支援、ご声援ありがとうございました。
本年度の分析において、学生アナリスト、トップリーグ各チーム・社会人ラグビー部のアナリストの皆様に分析について様々なことをご教授いただきました事をこの場をお借りしまして、厚く御礼申し上げます。

2019年は日本でラグビーワールドカップが開催されたラグビーイヤーでした。
日本代表のプレーが日本中を感動させ、心を鷲掴みにしました。
日本中からの応援がベスト8という快挙に繋がったといっても過言ではありません。
その一方で我々成蹊大学も皆様からたくさんのご支援とご声援をいただいておりましたが、選手たちの努力も虚しく降格となり皆様のご期待に応えることができませんでした。

私は今シーズンから選手ではなく学生スタッフになりました。
選手とは違う新たな視点からラグビーに関わったシーズンでした。初めての立場でたくさんのことを学ぶことができました。資料作成やプレゼンテーション力が少しですが、向上したと思います。
しかし、学んだことをチームに還元することがあまり出来ず、これからの課題となりました。
近年、ラグビーにおいて分析がますます重要になってきています。個々の力をチームとして何倍にも増幅出来るような分析力が必要かもしれません。
チームの力を分析で最大限に引き上げる事が出来なかった事を反省し、来シーズンは自分が理工学部生であることを活かしながらインプットしたことを失敗を恐れず積極的にアウトプットしていきます。
現状を真摯に受け止め、自分達に何が足りなかったかを考え、先輩方の無念を晴らすためにも来シーズン再び元の場所に戻ってこられるようにチームを全力でサポートしていきます。

今後ともご支援ご声援のほどよろしくお願いいたします。

1年間を振り返って -古舘脩介-

投稿日時:2020/01/30(木) 12:00

ホームページをご覧の皆様こんちには。
本日は学生コーチ2年の古舘脩介が担当させていただきます。

まず初めに、今年度も多大なるご支援、ご声援をありがとうございました。
保護者の皆様、OBの皆様、ファンクラブの皆様に厚く御礼を申し上げます。
また、皆様のご期待に沿うことができず、Bグループ降格という結果になってしまったことを深くお詫び申し上げます。
この想いを忘れることなく、来シーズン必ず再昇格を果たせるよう尽力致します。

私個人と致しましては、2年生になり、ユニット練習の担当がBKに変化したことにより広い視野からチームを見る機会をいただいたこと、また宮本さんが就職活動をされていたため、私が全体練習を仕切る機会が増えたこと、2年生副務の業務として書類などの仕事からチームにまた違った面から関わったことなどと、1年目よりも仕事自体はとても増えたため正直辛い部分もありましたが、1年目とはまた異なった刺激を受けた日々でありました。
しかし、反省も多く残るシーズンであったことをしっかりと考えたいと思います。
私自身今シーズンはスタッフの誰よりグラウンドに立って仕事をしていた自負があります。
それは裏を返せばチームに接することができる機会が最も多かったということであり、思い上がりとは存じますが、自分の行いの積み重ね次第であと一歩を超えられるような影響を与えることもできたのではないかと考えております。
Bグループ降格となってしまった結果を受け止め、また来シーズンは3年生として上級生の自覚を持ち、自分にできることを今まで以上に探し、結果へと繋がるサポートを致します。

ご多忙とは思いますが、是非会場に足をお運びいただき、対抗戦Bグループの舞台で戦う選手たちの応援をしていただけると幸いです。
必ずや、全勝で勝ち抜き、入れ替え戦での勝利をし、Aグループ再昇格を致します。
今後とも変わらぬご支援、ご声援の程を何卒宜しくお願い申し上げます。

1年間を振り返って -宮本萌生-

投稿日時:2020/01/29(水) 12:00

ホームページをご覧の皆様こんにちは。
本日は学生コーチ3年の宮本萌生が担当致します。

まず初めに、本年度も御父兄、OB会、そしてファンクラブの皆様の多大なるご支援、ご声援ありがとうございました。

チームと致しましては皆様の手厚いサポートに応えることができず、対抗戦Bグループ降格してしまったことを大変申し訳なく思っております。
また、個人と致しましてはチームを「打倒青学」の為しうるチームに成長させることが出来なかったことを非常に残念に思う次第であります。

今年一年を振り返りますと、後悔の念が残る一年であったと感じています。
それは、チームに対して影響を与える部員となれなかったことです。
私はクラブチームでのラグビー活動を選択していることもあり、どちらの活動にも尽力するつもりでおりましたが、学年も上がり個人として求められることの重要度が上がるにつれて中途半端になってしまった部分がありました。
この点は先んじて見通しを立て、その時できる精一杯を尽くすことをしていかねばならないと認識しました。

来年は最高学年になり、より責任感のある仕事を任せていただくこともあると思いますが、今年の反省を生かし目標達成出来るように致します。
来年度は今までにない環境で敗北を許されない年ですので、より一層気を引き締めて参ります。

皆様には今後とも変わらぬご支援、ご声援の程よろしくお願い申し上げます。

コラム更新しました

投稿日時:2020/01/28(火) 12:36

コラム更新しました

大相撲改革

2020.1.28

1年間を振り返って -平田悠馬-

投稿日時:2020/01/28(火) 12:00

ホームページご覧の皆様こんにちは。
本日は学生コーチ3年の平田悠馬が担当させて頂きます。

まず初めに、本年度も多大なるご声援ありがとうございました。

本年度は、学生コーチ、特に分析の仕事をさせて頂きました。
分析の仕事とは、フォーカスとする試合相手の弱み・強み・戦略などを見つけ出す仕事になります。
この、分析の精度が試合の結果に直結します。
分析の精度としては、昨年度よりも向上したと思っておりましたが、まだまだ足りず、入替戦で負けてしまい降格となってしまいました。
しかし、この敗戦を通して多くのことを学び、成長できる機会でもあると思っております。

来年度は、最高学年になりチームをより牽引していく立場になります。
さらに自分自身及びチームを成長させ、対抗戦Aグループに昇格させることができるよう全力で取り組んでいきたいと思います。

今後も、多大なるご声援よろしくお願い致します。
«前へ

<< 2020年1月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログテーマ